第248号 夢のマイホーム

2021-09-30
第248号 夢のマイホーム

writer:岩 本 祐 亮

 ついこの間まで連日の様に『猛暑日』だの『熱中症』だのとニュースで耳にしていたと思っていましたが、気が付けばもう10月…。『暑さ寒さも彼岸まで』とは、よく言ったもので大分過ごしやすい気候になってきました。汗かきでもある私は夏の暑い日は苦手で、近年問題になっている『地球温暖化』というワードに少しだけ敏感になっていたりします。諸説ありますが一説によると、今世紀末には地球の平均気温が最大で5℃近く上昇するという予測を立てる研究者の方もいるそうです。えっ、5℃!?って事は日本でも最高気温が45℃なんて日もアリエールでしょ!(寒い?)もし、そんな事になったら私は家から一歩も外に出なくなってしまいそうです。冬眠?夏眠…いや家眠。(←そんな言葉は無ぁ~い!)

 さて、話は全く変わりますが『人生最大の買い物』と言えば皆さんはどんな物を思い浮かべるでしょうか。車?家電?楽器?人それぞれだと思いますが、何といっても『家』ではないでしょうか。そんな人生最大の買い物を私はつい最近しました。イェーイ♪時をさかのぼる事、約11か月。昨年の12月頃から真剣に家探しを始めたのですが…家探し・家造りがこんなにも大変で、時間と労力が掛かるとは思ってもみませんでした!最初の難題はハウスメーカー選びでした。全く知識の無い状態で某ハウジングセンターへ乗り込んだ私達夫婦は、聞いたことがある!有名だ!との理由だけで何社かのハウスメーカーに入って説明を聞くのですが、各メーカーでコンセプトが違うのは当たり前。そもそも木造か鉄筋かという大きな違いがある事をこの段階で改めて認識しました。それから私は『家』について調べまくりました。木造と鉄筋のメリット・デメリットや耐震性・免振性・断熱性や家自体の隙間指数を示す気密性などなど…。いろいろな事をトータル的に判断し最終的にI社、P社、S社の3社に絞り込んだのですが、この先がまぁ大変。ネット検索はもちろんの事、各メーカーで実際に施工された一般の方のお宅にお邪魔したり、耐震性などを体感できるメーカーの施設に見学に行ったり。何回も打ち合わせや見積もりを繰り返し最終的にS社に決めたのは今年の3月末。ハウスメーカーを決めるだけで約4カ月もの時間を費やしました。

 いよいよハウスメーカーが決定すると、ここからが本格的な家造りの始まりです。幸いにも私の実家に土地があり家の大きさは概ね決定していて、間取りも比較的スムーズに決まっていきました。間取りが決まると次は家の中の様々な事を決めていきます。キッチンの種類やお風呂にトイレ、照明の種類や位置関係。各部屋の壁紙にカーテンから家具まで。決めなければいけない事があり過ぎなのですが、困った事に私と妻の趣味や思考、好みがこんなにも違っていたのか!と、ショックになるくらい意見が合わず…多くの事柄が妻の意見を採用するハメに…。こういう時の女性は驚く程に譲らないんですね…。(←ウチだけ?!)

 この頃になると車を運転していても一般の住宅に目がいったり、“YouTube”や専門誌でお洒落な家を見つけるとつい真似したくなり、いろいろなオプションをどんどん追加していきました。S社の方からの素敵な追加提案などもあり打ち合わせをする度に金額が跳ね上がり、気がつけばカナリの予算オーバー!(泣)…でも、いいんです!『家』は人生最大にして最高の買い物!S社の方がこんな事を言っていました。「今までで、やりたい事をして後悔した人は見たことないです。やらずに後悔した人はたくさん見てきました。やりたい事!付けたい物!多少予算をオーバーしても叶えたい事!してみたい事は全てした方がいいですよ。後は一生懸命働いて下さい!」とても納得し、とてもいい言葉だなぁと思いました…。ん?俺、騙されてないよね?と一瞬だけ思いましたが、そんな言葉に誘導された結果!私達夫婦の夢がたくさん詰まった家の設計図が完成しました♪完成予定は、今年の12月頃。今から完成がとても楽しみです。家眠にならない様に気を付けなきゃ(笑)

 この先、仕事でも人生においても悩んだり何かに挑戦しなければならなかったり壁にぶつかったりといろいろな困難な事にぶつかる事があるかと思います。そんな時はS社の方の言葉を思い出し、やらない【逃避】ではなく自分のしたい事【信念】を貫き行動したいと思います。 あとは『一生懸命働くのみ!』

Copyright(c) 2009 SANWA KIKO CO.LTD All Rights Reserved. Design by 三和機工株式会社